10万稼ぐためのメインサイトを具体的に作成していく

10万稼ぐためのメインサイトを具体的に作成していく

どうも!みさわです。

 

久しぶりに天気予報が外れて
肩透かしを食らいましたが、まぁ雪降るよりはマシかなってことで安堵してます。

 

一応今回から実践的な事をお伝えしていきます。

 

何度も言いますが
重要なのはキーワード選定やライバルチェックだけでなく
コンテンツを掘り下げて作ることが出来るかということです。

 

で、最初の内は完全オリジナルで作るのではなく
出来る人って言うか憧れてる人を見つけてその人の真似をすることが大事です。

 

真似と言えばこういった記事も
http://wp.me/s4GVvw-10manen

http://wp.me/s4GVvw-why

 

では具体的に作業内容に入りますね。

 

商品選定をする

まずは自分が取り扱いたい商品を決めます。

 

特にASPに決まりはありませんので
そのあたりは好みで構いません。

 

物販でも情報商材でもどちらでも良いですが

 

重要なのは

 

その商品に関わる悩みや欲望がどれだけ出せるか?
(頭の中でイメージして連想ゲームのようにポンポン出てくればOKです)

 

販売ページがショボくないか?
(自分が実際に見に行き購買意欲をそそられるか?コレ大事)

 

報酬は高いのか?
(ここでは楽天とかアマゾンとかは問題外なので外して下さい。)

 

類似商品はたくさんあるのか?

 

関連キーワードで需要はあるのか?

 

こういった条件で商品を選んでください。

 

ブログ作成(サイト作成)

商品が決まれば後は商品名に特化したサイトやブログを作ります。

 

無料ブログでも問題はありません。

 

長期に渡って運営をしていきたいのであればHTMLサイトを視野に入れるべきです。

 

例えばこういったツールとか
http://gomamil.net/pqip/info-sirius

ワードプレスのテンプレートとか
http://gomamil.net/pqip/info-keni

無料ブログのテンプレートだったら
http://gomamil.net/pqip/info-kaeten

こんな感じですね。

 

SEO的にももちろんですが
やはり見た目というのはかなり大事です。

 

これはリアルでもそうですが
初対面ではほぼ8割の人間が見た目で判断しますので
最初のイメージって本当に大事なんです。

 

最初に入るお店にしても
最初に出会う人にしても

それは同じことです。

 

最初のイメージって結構大事なんですよね。

 

理想的なサイトタイトルの付け方

テンプレートによって構成が決まれば
次はサイトタイトルです。

 

もう何度も言っていると思いますが

オススメは悩み系の言葉です。

 

商品名+悩み系キーワードという感じですね。

 

最終的には商品名+悩み系キーワードに魅力的な文章を付けたします。

 

例えば

○○(商品名)ダイエット+痩せたい

○○(商品名)+手汗を止める

ブライダルネット+もっと話したい

 

二つをくっつけてタイトル完成ではなく

その後に魅力的な文章を付けたすのです。

 

要は検索結果に表示された時に
思わずクリックしたくなるようなタイトルを付けるという事です。

 

そして読み手に対して
記事のイメージが出来るようにすることが狙いなのです。

 

商品名+悩み系キーワード+目を引くような魅力的な文章

 

記事のイメージが具体的に出来ればいいんです。

 

タイトルの文字数は30文字くらいとか
重要なキーワードは左側とかありますが
最初の内からこれに縛られると上手くいきません。

 

ネガティブキーワードの重要性

また悩み系キーワードだけでなく
ネガティブキーワードも実は効果的だったりします。

 

実際、人間って言うのは人の幸せ話よりも
不幸話の方に興味を持つ人が多いのは確かです。

 

誰と誰が結婚しましたとか
ダイエットで○キロやせましたとか
3人目の子供が生まれました~とか

 

友達だったり知り合いだったらそりゃあ嬉しいですけど・・

 

全く知らない人に言われても
「おめでとう」とは思いますけど
内心、心の中ではそこまで心動かされないですよね?

 

実際はそういったものより
ネットで検索する場合は
批判的な記事、ネガティブな内容を知りたいって人の方が圧倒的に多いんです。
(あくまでもネットで検索する場合です)

 

正直、記事的にはネガティブ系や危ない話しの方が人は集まります・・

 

週刊誌でもそうですし、
スキャンダラス的な記事の方が興味が沸くじゃないですか?

 

情報商材レビューしている人なんかはそんな感じですよね。

 

あれはそういった戦略の一つなんで
マジレスしてる時点でちょっと・・とか思うわけですよ。

 

まぁプレナー側が言うのなら分かりますけどね。

 

自分の商品価値を下げられてるわけですから^^;

 

ただ、商品の価値を引き上げるのなら
複数の人間使って商品自体のメリットを全面に押し出していけば良いわけです。

 

一人の人間が
この○○いいですよ~と言うより
100人が○○いいですよ~と言うのでは
圧倒的に後者の○○の方が商品価値が高まるわけです。

 

商材販売者(プレナー)は
そういった感じで自分の商品を
アフィリエイターなり主催の塾の生徒に広めてもらい売ってもらえるわけですから。

 

メインサイトの記事を作る

最初に作らなければいけないのは
メインと呼ばれるキラーページです。

 

ランディングページ(着地ページ)
とも言えますが商材系にあるような凝りにこったド派手なモノではなくて大丈夫です。

 

派手なランディングページも
実はこういったモノがあるだけで素人でも簡単に作れてしまいます。

http://gomamil.net/pqip/info-mevius

 

このキラーページでは
商品を成約させるためのページですから
商品を欲しいと思わせるページを作らないといけません。

 

商品について掘り下げたページを作る
という事を意識してください。

 

まず記事を書くときはリンクは絶対に貼らない事です。

アフィリリンクはもちろんですが外部リンクも貼らないでください。

メインページ(キラーページ)を作り
関連ページを10記事ほど作るまでリンクを貼るのは我慢してください。

 

この時サイドバナーや内部へのリンクはあっても問題ありません。

ネットサーフィンをして
他サイトの記事を参考にし
徹底的に商品を掘り下げた記事を書くことです。

 

まずはギブ=GIVE=与えるということを徹底的に行ってください。

 

売り込みは絶対なしですよ?

 

タダでいいからどんどんあなたが調べた情報を与えて下さい。

 

メインの記事(キラーページ)が
完成した後はその商品のジャンルに
関連することをカテゴリーに分けてどんどん更新していきます。

 

関連記事からメイン記事(キラーページ)に
誘導することを頭に入れておいてください。

 

 

※ジャンルに関連していない記事は書いてはいけません。
このサイトでは商品はもちろん、それに関連した記事を放り込んでいくサイト(ブログ)です。
役に立たないどうでもいい記事は必要はありません。

 

重要なのは情報量が多く役に立つサイトを作ることです。

 

検索したキーワードは質問であり
しっかりと答えを導いていくこと!

これが大事です。

 

悩みに対してしっかりと答えてあげることです。

そういう意味ではこういった王道的なサイト

http://chiebukuro.yahoo.co.jp/

 

 

http://oshiete.goo.ne.jp/

 

ヤフー知恵袋や教えて!gooなどは
悩み解決サイトですし、ここから膨大な情報を引っ張ってくることが出来ます。

 

質問と回答をしっかり頭に入れて
全体のイメージを掴んでから
自分なりに分かりやすくその悩みを解決する記事を書いていくのです。

 

大体は検索すれば関連した記事が出てきます。

そして記事の全体イメージを掴んでから書いていきます。

これでもかというくらい考えて考えて
イメージ出来ないならそれは逆に作らない方が良いです。

 

記事のイメージが掴めない

このイメージが上手くいかないのであれば
こういった便利ツールもあります。

 

アイデア出しが簡単に出来ちゃう優れものです。

http://www.idea-plant.net/

 

例えば今回「いびき」で調べてみると

こんな感じでズラーっと出てくるわけです。

 

複数の記事を
どんどん書いていきたいときは
こういったツールは非常に便利です。

 

量産向けですので
サイトアフィリをメインにしているなら
こういったツールを使う事で勝手に手が動いていくはずです。

 

記事を作るときには画像も入れる

長文の場合、テキストだけだと
どうしても読み手が疲れてしまいます。

 

そのため要所要所に画像を散りばめて
読み手側にイメージさせることも大事になってきます。

 

http://www.beiz.jp/

http://free.foto.ne.jp/

http://sozaing.com/

 

これら以外にも調べれば
商用利用可能な画像はいくらでも出てきますのでどんどん利用してください。

 

画像を入れる時は
記事の内容をイメージできるもの、
関連した画像を入れてあげると読み手が記事内容をイメージしやすくなります。

 

YouTube動画も記事の中に入れる

画像だけでなく最近では
YouTubeの動画も記事内に組み込まれているサイトも数多く存在します。

 

記事に関連した動画を
記事内部に入れることで
よりあなたの記事がイメージしてもらいやすくなりますし、
何より動画再生によって滞在時間が増えるのでSEO的にも効果は高くなります。

 

このときの動画選びでは
YouTubeを自分のメインコンテンツの集客用として扱っている動画は使わない事です。

ユーチューブ単体で報酬を積み上げるユーチューバーはまぁいいとして
ユーチューブを集客装置の一部として自分のメインコンテンツに流すアフィリエイターの動画は使う必要はありません。

 

正直言えば向こう側に見込み客が流れてしまっては意味が無いからです。

 

YouTube動画を
記事内部に組み込むのであれば
誘導リンクが張っていない動画か
もしくは自分で動画を作ってしまう事です。

 

顔出しも声も出したくないというやり方で考えるなら
スライドショー関連の動画は少しググれば誰でも作れますので参考にしてください。

 

今回に関しては
有料級のYouTube商材は合えて手に入れる必要なんかないですが
強いて言うならコレが一番再現性は高いし、まともです。
http://gomamil.net/pqip/info-youtubebar

 

YouTubeでも収益を上げ、
更に集客装置して利用したいのであれば
手に入れる手に入れないは別としてもセールスページを見ておくのは悪くないはずです。

 

今回のまとめ

まずは10記事書いてからメイン記事にリンクを入れておくこと。
メイン記事は商品の価値をぐっと掘り下げた記事を書いていく。
全ての関連記事からメイン記事に導線を張る。
ヤフー知恵袋などの悩み系サイトを上手く利用する。
記事ネタはネットサーフィンしていけばほとんど書けるが
記事全体のイメージが上手く湧かないのであれば別の記事を書くべき。

 

PS
記事を書いた後はping送信はもちろん行ってください。

ワードプレスなら
WordPress Ping OptimizerというPingを抑制するプラグインを入れておくと
スパム防止になるので入れておくと良いでしょう。

 

ソーシャルブックマークは気休め程度に入れておくと良いかもです。
全部の記事を登録するのはいけませんので。

それからSEO対策は深く考える必要は全くありません。
所詮アフィリエイターが行っているSEO対策なんてのは上っ面の部分しかないので
今現在の検索エンジンには通用しません。
昔よく言われていた被リンク、ページランク、中古ドメインなどは
ゼロというわけではありませんがそこまで気にすることもないです。

 

大事なのは滞在時間・・ということは
価値あるサイトを提供しなければいけない・・だからこその記事コンテンツの充実ってヤツですよ。

 

次回は集客サイトについて解説していきたいと思います。

では!!

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。
あなたの応援クリックで
ブログ更新が出来ています!
今後ともよろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ


コメントを残す

1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ